あまり体験することのない究極の選択です。

親や親族が亡くなった場合にその方に資産があれば、残された親族の方はその資産を受け取るか放棄するかという究極の選択をしなければいけません。
いい部分だけをもらって悪い部分は放棄するという都合のいい方法が取れないのですから、受けとる場合には相続税についてしっかりと対応していく必要があります。
しかし一般の方で遺産を受け継ぐという機会はそれほど多くはないので、どのような対応をすればいいのかわからないときのために税理士にアドバイスをもらうという方法が最適でしょう。

税理士のアドバイスをもらって相続税対策!

税理士のアドバイスをもらって相続税対策! 一般の方でもよく知っている税金は所得税や住民税、固定資産税などであり、これらについては何度も経験しているので対応は難しくありませんが、相続税というのは相続する遺産がなければ発生しない税金なので、知識が乏しいという場合が圧倒的でしょう。
しかしこの相続税は複雑な規定が多く、知識の無い方が自力で行うとミスをしてうまく処理できないという事態が起きる可能性があります。
そうなれば本来なら受けとることができたものまで失ってしまうかもしれないので、その仕組みがよくわからない相続税の対応には税理士のアドバイスが最適だと言えます。
税理士であれば税務処理のスペシャリストなので、顧客にとって最善の方法での対応を行ってもらえますし、間違いがあって何度も訂正するという手間も省けます。

相続税対策には実務経験豊富な税理士を選びましょう

相続税対策には実務経験豊富な税理士を選びましょう 相続税は亡くなった人の遺産が「基礎控除」を超えていた時にかけられる税金で、平成27年にこの基礎控除が大幅に減り相続人1人につき500万円とされました。
これによって一部の富裕層だけの話であったものが「一般庶民」でも適用される人が増え、相続税が課税される人が2倍になったと言われています。
広く該当することで多くの人が相続税対策として事前に税理士に相談に行って、遺言書を作成や事前に相続財産を減らしたり、納税の準備金を用意したりするようになりました。
相続税対策には法律に関する知識だけではなく、不動産や保険などの幅広い専門知識が必要で、特に不動産の評価に関しては実務経験が少ない税理士だと間違えやすい項目です。
実際に別の税理士に頼んで過払いだと分かって修正申告した例も多く報告されています。
こういった場合は2重に報酬が発生しますし、払いすぎた税金が戻ってきたらその中から成功報酬として更に支払わなければならず、無駄な出費になります。
選ぶポイントとしては、過去10年分の通帳履歴を取り寄せ確認してくれるか、分割について提案してくれ、不動産については事務員等に任せずに現地に実際に足を運んでくれることになります。

相続税対策情報サイト

相続税 税理士